suzumoku弾き語りライブ!(4/9)

suzumoku弾き語りライブ!(4/9)

皆様、suzumoku(スズモク)という人をご存知でしょうか?

2013年にファンチャーナでギター弾き語りライブをしてくれた彼が

再びファンチャーナに帰ってきます!

前職がギターを作る職人だったという異色の経歴を持つ32歳。

suzumokuがその全身からかき鳴らすギターの歌声と

まっすぐで心に刺さる歌詞を紡ぐ魂の声。

一度聴いたら耳から離れないsuzumoku、全国弾き語りツアー。

奈良会場、カフェファンチャーナでぜひお楽しみください!

suzumokuA写

■suzumoku ”生声生音”47都道府県 ONE-MAN TOUR~手渡しの手紙~ ~ in奈良■

4/9(日) 奈良 Cafe funchana

OPEN 18:30 / START 19:00

前売 ¥3,000 /当日¥3,500(tax in・Drink代別・整理番号付)

Official Web Site→http://www.worldapart.co.jp/suzumoku/

料金:前売り3000円/当日3500円 (ドリンク代別)

イープラスローソンチケットPeatix



※当日の入場はご来場順となります。

※ファンチャーナでも若干数のみチケットのご予約承ります。

お電話0745-73-1187 カフェファンチャーナまで。

suzumoku

suzumoku スズモク

2007年、アコースティックギターを片手に音楽シーンに突如現れ、アルバム「コンセント」でデビュー。

その荒々しくも正確なフィンガリング、独自性、強烈な歌声は“オルタナティブフォーク”と形容された。

当時の代表曲である「週末」は、社会に出て次第に世間に染まっていく若者の葛藤を歌い、時に優しく、

時に厳しく、常に明確なメッセージを伝えようとする現在のスタイルの萌芽が、この時すでに見て取れる。

2011年、ツアー先の仙台に向かう道中で東日本大震災が起こり、被災。

現地での避難所生活の中、互いを助け合う心に触れ、「僕らは人間だ」を作曲。

震災から二日後にYouTubeで発表し、チャリティーソングとしても大きな話題を呼んだ。

そして、東北の状態をより多くの人々に伝えるべく、ツアーの続行を決意。同曲を全国に届けた。

この体験から、メッセージをより遠くにまで届けたいという想いが強くなり、エレキギターを掴む。

以降、徐々にその音楽スタイルはフォークからロックへと変化してゆき、弾語りだけではなく、バンド編成でのライブも積極的に繰り出すようになる。

2013年、キャリア初のフルアルバム「キュビスム」を発表。

収録された「蛹」や「モンタージュ」は、独自の視点で捉えた様々な現代の側面を描き、その音楽性の広さと歌詞表現の多彩さを見せつけた。

2014年初頭、矛盾を抱えたまま空回りする社会に怒りをぶつけるが如く、さらに激しいロックサウンドへと移行。

バンドを率い、“毎回新曲を披露する”という公約のもと、同年5月より渋谷“CHELSEA HOTEL”でのフリーライブを毎月決行している。

2014年12月10日、自身にとって音楽生活の集大成とも言えるワンマンライブも開催。

その場では2015年2月にリリースとなるニューアルバム「Tomorrow Comes」の超先行販売も行われた。

現在までにミニアルバム4枚、コンセプトアルバム3枚、フルアルバム2枚を発表。

デビュー前はギター職人という経歴の持ち主。

Category[イベント情報]

2017-02-16|Comments[0]|to Top

コメント

現在コメントがありません

コメントを投稿