家族旅行~瀬戸内の島々へ~

家族旅行~瀬戸内の島々へ~

先日いただいた連休で芸術を楽しむ瀬戸内の旅に行ってまいりました!

DESIGN SETTA SANGOのご縁でご招待頂いたのですが、家族4人思いっきり楽しんできました☆

15965934_823841514425778_6190771872700515944_n

まず海、そしてフェリー。海のない奈良で生まれ育った娘たちはそれだけで嬉しい。

岡山の宇野港から直島行きのフェリーに車も一緒に乗り込みます。

直島に着くと、車は残して小さな船で豊島へ向かいました。

15965477_823841467759116_5580302865224610832_n

15871816_823841627759100_824571482718835758_n

15895099_823841507759112_3107182207467182273_n

島のあちこちに点在するアート作品たち。自然と芸術に境界線はなく、言葉もいりません。

風や音、陽の光や温度、水の動き。それら全てが芸術で、それは写真に収められるものではありませんでした。

特に素晴らしかったのが「豊島美術館」。これはぜひ行って頂きたいです!!

15965255_1247419558685243_1391943710599472336_n

15873307_824151634394766_5842121510758304505_n

その晩は直島のベネッセハウス パークにて宿泊。設えも誂えも素敵!

宿泊者専用のアートスペースやバーがあり、本当に優雅なひとときでした☆

夜はSETTAのお話をしながら、瀬戸内国際芸術祭に携わる方とおいしいお魚♪

「島食DOみやんだ」さんは明るい大将と優しげな奥様が営むとっても素敵な食堂でした。

直島で晩ご飯食べられるかたは絶対オススメです!

15873611_823841704425759_4086972424890679548_n

そして「みやんだ」さんからすぐそこの「直島銭湯」へ。

ここも何だか派手で面白くって、オススメです!

DSC_0682

翌日は犬島へ。ここは大好きなYEN TOWN BANDがライブした「犬島精錬所美術館」。

三島由紀夫をテーマにしたアート作品や、金属でできたレンガの様子に娘が

「芸術ってちょっと怖いね」と。多感な子ども達なりに、さまざまに感じ取ってくれたようです。

家プロジェクトや植物園をみて、素麺入りの善哉を食べ、大満足の旅が終わりました。

15965291_1247419578685241_4584353829202729570_n

ちょっと書ききれない楽しさと素晴らしさだったので、どこかで思い出してまた旅日記書くかもです。

瀬戸内にご興味ある方、お店で声かけてください!

オススメの数々、お話します~☆

Category[日記]

2017-01-11|Comments[5]|to Top

コメント

  1. しょう より:
    気ままにアルコーク見ました! ぜひ食事に伺います!
  2. しょう より:
    気ままに歩こーく見ました! 食事に伺いたいと思います! 家族旅行羨ましいっす。 
  3. カフェ大好き より:
    先日お伺いした時に、一歳の子供を連れていたので、お店でジュースをこぼしてはいけないとパックのジュースを持って行ったのですが、店のを頼んでください‼️
    と、言われ、すごく気分が悪かったです。
    今回だけは、と言われ飲ませていたら、飲み終わると同時に、隣の席に、まだ帰られたのに、飲み物を下げていない席があるにもかかわらず、私達の席に急いで来てジュースを下げて行きました。
    今まで、何回か行かせていただき、友達にもオススメしていたのに、もう、二度と行きません。

    子供むきの、おもちゃを置いたり、子供連れライブをしたりしているから、てっきり歓迎かと思いきや、お金儲け感が凄くて、店の雰囲気を守ろうとしているのかもしれませんが、全然子供連れのことを気にしてくれず、ガッカリです。私もホテルのカフェなんかでも働いていましたが幼稚園や、小学生ならまだしも一歳の子供にジュースを頼んでというところでは、働いたことがありません。

    なんか、やってることと言ってることがバラバラで、全然寛げなく急いで帰りました。
    • funchana より:
      カフェ大好きさま
      この度はご気分を害されている中、それを押してコメントくださった事、感謝申し上げます。お褒めの言葉はよく耳にする反面、こういったお言葉を直接お伝え頂ける機会は非常に貴重なことだと認識しております。本音をお聞かせ下さったものと理解しております。ですので、私たちも正直な想いでお答えしたいと思います。

      まず、私たちのお店は飲食店です。飲食店はお客様が召し上がられたものにお代を頂戴して経営が成り立っております。飲食物を持ち込まれますと、私たち家族の生活が成り立たなくなります。

      その上で、小さなお客様に絶対オーダーして下さいとは申しておりません。「持ち込みのジュースを飲むなら、当店の商品を注文してください」という事です。そのために当店では「お子様オレンジジュース 300円」をご用意しております。
      では水筒に入ったお茶はどうか、水は?ミルクは?とても線引きが難しい問題だと思います。1歳はよくて幼稚園児はダメ、という線引きも正解かどうか私には判断できません。
      私たちのお店では「ミルク・離乳食のみOK」というルールにさせて頂いております。ミルクや離乳食は当店でご用意できないからです。お弁当はご遠慮頂いております。当店には「お子様オムライス」や「お子様たまごサンド」というメニューがございます。それでもお店のメニューではなくお母様の手料理を食べさせたいのであれば、お子様のお食事はおうちで済ませてからご来店頂きたいと考えております。これはお店独自の勝手な考えです。
      お客様にとっては何がよくて何がダメなのかお店独自のルールは分かりにくいものです。
      ですので、飲食物の持ち込みがあった場合には「せっかくご用意されているので今回はOKです。次回からはよろしくお願いします」という対応で統一しております。
      ジュースの空箱を下げましたのは「前に来たとき他のテーブルの人飲んでたのに」という他のお客様からの誤解を避けるためです。リスク回避の観点からパックジュースの空箱をすぐに下げさせて頂きました。

      以上、当店の都合ばかり申し上げて参りましたことお許しください。お客様が今回ご気分を害されたのには、私たちの言い方や伝え方にも問題があったのではないかと反省しております。「必ず注文してください」の意ではなく「持ち込みはご遠慮ください」という意が伝わっていなかったかもしれません。言い方が気分の悪い言い方だったかもしれません。もしそのような言い方をしてしまっていたのでしたら、心よりお詫び申し上げたいと思います。

      最後にお子様向けのおもちゃについてです。お子様向けのおもちゃがあることで、大きな声で泣いていた子が泣き止んでくれたり、退屈な時間を席で過ごしてくれるためのアイテムとしてご用意しています。おもちゃがある方が、結果的にカフェ店内にいらっしゃる読書をされているお一人様も、お子様と一緒に来られたお母様も、どちらも快適に過ごして頂けると、8年間の営業の中で出した答えです。

      お子様連れで何年間もご来店頂いている常連さんもたくさんいらっしゃいます。あくまでも当店においての話ですが、お子様連れ歓迎とパックのジュースを持ち込まれるのはイコールではありません。もちろん、パックのジュースやおにぎりを持ち込んでもOKな飲食店もたくさんあると思います。どれが正解かではなく、当店においての考え方です。

      もう二度と行きません、と明記されておりますので直接弁明させて頂くこともできないかと思い、長いお返事になってしまいました。当然、また来ていただければ嬉しいには違いありませんが、お金儲け感が凄くて寛げないお店には私も行く気になれないと思います。ご理解頂けないのも仕方ないことです。100人中100人に受け入れて頂けるお店になるには私たちでは到底力不足だと認識しておりますので。
      お子様連れのお客様にどのように過ごして頂くか、私たちの知り合いのカフェ経営者も長い時間をかけて考えて向き合って悩んでいる所も多くあります。みんな、お一人様にもお子様連れにも来ていただきたいという思いを持ちながら、真剣に悩んでお店独自のルールを設けています。実のところ、私もこの文章を書いていてすでに3時間が経過しております。せっかく頂いたコメントに真摯にお答えしたいと思っています。

      今回コメント頂いたことで、改めてお客様への対応を見直し、改善していきたいと考えております。そのような機会を頂き、本当にありがとうございました。

コメントを投稿